料理

トップ  ›   料理

料理は、基本料理をベースに、4ランクで構成されています。

瀬戸内自慢の山海の幸と郷土の風味を味わう。
瀬戸内海の複雑な海流で育った味わい深い海の幸。
さぬきの風土に育まれた郷土の野菜。

当地自慢の醤油やオリーブオイルなど、独創的ながら郷土に伝わる手法をきっちりと踏まえた、
料理長が目利きと匠の技でもてなす四季折々の会席にをご堪能ください。

基本会席 花日和

四季を彩る旬の食材を使用した「スタンダード会席」

基本会席 花日和

※イメージ

お品書き
【食前酒】
 
【口取】
  • 蓬豆腐(いくら おくら、セルフィーユ 美味だし)
  • 春日鯛小袖寿司 ・鰻八幡 ・玉子松風 ・海老芝煮
  • 菜の花胡麻汚し ・茶巾絞り ・一寸豆の密煮(花びら)
  • 串打ち(蛸 黒豆 伊達)蓬豆腐(いくら おくら、セルフィーユ 美味だし)
  • 春日鯛小袖寿司 ・鰻八幡 ・玉子松風 ・海老芝煮
  • 菜の花胡麻汚し ・茶巾絞り ・一寸豆の密煮(花びら)
  • 串打ち(蛸 黒豆 伊達)
【造り】
  • 鰆焼霜作り
  • 鯛剥ぎ作り
  • 間八ちり酢(添え物一式)
【蓋物】
筍饅頭(生麩、木の芽、若布あん)
【焼肴】
陶板焼き 鰈バジル風味(馬鈴薯、ブロッコリー、バター、檸檬)
【強肴】
瀬戸鶏摘入鍋(白才、白葱、韮、榎茸、豆腐、唐麺、粟麩、柚子胡麻)
【留肴】
天婦羅(白魚、海老紫蘇揚げ、春野菜添え)
【食事】
伊吹しらす御飯
【汁】
赤だし
【香の物】
取り合わせ
【口直】
季節果物

3・4月のメニュー例
※季節や仕入れ状況により料理内容は変更になります。

厳選会席 竹時雨

「ヒレステーキ」&花樹海の料理長が魅せる「匠の技」に舌鼓

厳選会席 竹時雨

※イメージ

お品書き
【食前酒】
 
【口取】
  • 碓井豆腐(いくら、おくら、野菜袱紗あん、木の芽)
  • 春日鯛小袖寿司
  • 鰻八幡
  • 玉子松風
  • 海老芝煮
  • 菜の花胡麻汚し
  • 茶巾絞り
  • 一寸豆の密煮(花びら)
  • 串打ち(蛸、黒豆、伊達)
【造り】
  • 鰆焼霜作り
  • 鯛剥ぎ作り
  • 間八ちり酢(添え物一式)
【蓋物】
若竹煮(魚子旨煮、梅麩、蕗、糸花、木の芽)
【洋菜】
国産牛フィレステーキ(季節野菜添え)
【強肴】
  • 鰆しゃぶ(季節野菜添え)
  • 利休蒸し(袱紗あん)
【留肴】
天婦羅(白魚、海老紫蘇揚げ、春野菜添え)
【食事】
伊吹しらす御飯
【汁】
赤だし
【香の物】
取り合わせ
【口直】
季節果物

※3・4月のメニュー例
※季節や仕入れ状況により料理内容は変更になります。

特上会席 朧月夜

香川の名産【オリーブ牛】を愉しむグルメ旅

特上会席 朧月夜

※イメージ

お品書き
【食前酒】
 
【口取】
  • 車海老芝煮
  • 一寸豆密煮
  • 鮑柔らか煮
  • 花びら百合根
  • 焼き湯葉
  • 玉南京
  • 玉子松風
  • 碓井あん
  • 千代口
  • 塩雲丹
【椀物】
清汁仕立て(鮎並葛打ち、若竹真丈、桜花、独活、木の芽)
【造り】
  • 鰆焼霜作り
  • 車海老湯洗い
  • 鯛桜葉包み
  • 讃岐でんぷく(添え物一式)
【蓋物】
金目鯛湯葉包み(筋子、一文字、鼈甲あん、木の芽)
【洋菜】
オリーブ牛ステーキ(季節野菜添え)
【強肴】
真名鰹菜の花焼き浸し(花びら、唐墨粉、美味だし)
【留肴】
オリーブ牛三昧(青葱、クレソン、白才、湯葉、生麩、木の芽)
【食事】
伊吹しらす御飯
【汁】
赤だし
【香の物】
取り合わせ
【口直】
季節果物

※3・4月のメニュー例
※季節や仕入れ状況により料理内容は変更になります。

花樹海会席 極

旅の「玄人」に食べていただきたい。当館がもてなす「至極の会席」

花樹海会席 極

※イメージ

お品書き
【先付】
  • あすぱら羹
  • 車海老と季節野菜
【椀盛】
庵治沖の鱧葛打 清汁仕立
【活鮮】
瀬戸内の恵み盛合せ(石焼でもお召し上がり頂けます)
【蓋物】
  • 香川自慢おっきい三豊茄子と白身旬魚
  • 鱶鰭あん掛け
【焼肴】
綾川産小鮎塩焼きの駕籠盛り
【皿】
徳島阿波尾鶏をガーリック風味で
【強肴】
香川讃岐オリーブ牛沢煮
【留肴】
高知の鰹の叩きと徳島阿波尾鶏火取
【食事】
愛媛宇和島の鯛飯 薬味
【汁】
伊勢海老荒の赤だし
【香の物】
取り合わせ

※3・4月のメニュー例
※季節や仕入れ状況により料理内容は変更になります。

匠

多田 浩

日本料理の献立には、縁起や願いを込めた特別な決まり事がたくさんあります。
そんな格式を大切にしながら、お席に合った食材を使い美しく創り上げます。
素材の味を活かした贅沢な「うまみ」を味わっていただきたいと思います。

旅の「玄人」に食べていただきたい。当館がもてなす「至極の会席」
斉藤通久

生産者の方と直接話をして、納得のいく食材を厳選することからはじめます。
それを最大限に活かした調理を心がけ、幅広い年齢層にご満足いただけるよう工夫を重ねたソースで仕上げてきます。
「美味しいお料理は、人を幸せにし、感動を与える」
そんな思いで、目にも楽しめる艶やかなお料理でおもてなしいたします。

食物アレルギーをお持ちのお客様へ

お食事の提供につきましては、お客様の安全を最優先と致しております。
食材等にアレルギーをお持ちのお客様は、3日前までにお申し付けくださいませ。
出来る限りの対応をさせていただきます。
なお、調理器具や洗浄機器は共通の物を使用しておりますので
重篤なアレルギー症状を起こす可能性のあるお客様におかれましては、
お食事の持込みにつきましても、お受けいたしておりますので相談くださいませ。